会社情報

CSRに関する取り組み

「お客様と感動を共有するために」

アスラポート・ダイニンググループは、食を通じて、お客様と私たち自身がすばらしい体験を分かち合えることを目標としております。それを実現するために、まずは食の分野における様々な取り組み、また食物をはぐぐむために欠かせない美しい環境づくりにつながる取り組みを進めています。同時に、サービスに携わる企業として、お客様との接点となる人財を育成することによっても社会に貢献したいと考え、人財育成の取り組みにも注力しています。

食の安全への取り組み

飲食店舗及びフランチャイズの運営、食品の製造事業からなる当グループでは、安全な食品こそが顧客と経営に安心をもたらす物と考え、衛生関連の検査会社、衛生関連メーカー、衛生調査会社と連携し、情報を積極的に開示する事で、迅速かつ効果的な管理手法を取り入れております。これは、コンプライアンスの観点からも有効な手法として認識し、さらなる取り組み強化を進めております。

・食品の流通過程の監視(ASP商品規格書の導入)

食に関わる当グループ各社では、どの様な食品を流通させているかをデータ化する取り組みをスタートしています。多種多様な企業体において安全で安心できる食材を協力企業様より仕入れる為に必要な仕組みです。

・飲食店舗での取り組み

直接お客様へ接する店舗においては、コンプライアンスとリスク管理の観点から、店舗の衛生管理状況を可視化する仕組みを導入しています。第三者機関※による店舗の衛生評価を依頼し、その結果を基に、改善指導する仕組みを構築しています。

第三者機関 NPO法人 衛生検査推進協会
消費者・飲食事業者・検査/調査会社の間に位置して、コスト・検査内容・公平性の観点から事業者の衛生管理を「見える化」し、改善に必要な技量の提供、教育啓蒙活動事業を行うことで衛生管理環境整備を推進しています。

食の安全への取り組み

環境への取り組み

安全でおいしい食品は、美しい自然環境があってこそ生み出されるものと考えます。その為、省電力化施策の推進、化学系洗剤の削減、フードマイレージの削減等、持続可能な自然環境に貢献できる施策を推進しています。

人財育成の取り組み

飲食店舗運営の核となる「人財」については、「プロ店長育成支援」として店長向け研修に力を入れています。またアルバイトスタッフを中心とした店舗成果発表会「インプレッション・フォーラム」※を年に一度開催し、成果を上げた店舗の発表・表彰を通じて店舗運営に関わる学びの場を提供しています。
また「フォーラム出場」という目標を設定することで、アルバイトスタッフの能力や自主性を引き出し、あらゆる仕事に通用する取組み姿勢やチームワークを身に着けてもらうことを重視しています。

※インプレッションフォーラムとは
グループのアルバイトスタッフ、店長が、店舗の成果(売上、モニター評価、衛生管理など)を競い、各ブランドの代表店舗がステージで成果発表、 会場に集まった全国のアルバイトスタッフたち自身の投票により最優秀店舗を決定します。優秀店舗の成功事例を共有するとともに、ここへの出場、優勝を目指すことがスタッフの目標となっています。

人財育成の取り組み

コンプライアンスについて

アスラポート・ダイニングは、「コンプライアンス基本方針」を制定するとともに「コンプライアンス委員会」を設け、役職員のコンプライアンス意識の向上に取り組んでいます。また反社会勢力については事案発生時の報告及び対応等の整備を行い、反社会勢力による不当要求等が発生した場合には、所轄部署を中心に警察等関連機関と連携し、毅然とした態度で対応いたします。

PAGE TOP